One Step Magazine ワンステップマガジン

上司の癖や部下の癖、意味を理解して上手に指摘してやめさせる方法




上司や部下の癖の意味を知ることは人間関係を円滑にするだけでなく、周囲に悪影響をもたらす癖を辞めさせるのに必要です。そんな役に立つ上司の癖や部下の癖、意味を理解して上手に指摘してやめさせる方法をご紹介します。

上司も部下も癖の意味を知ることで仕事は益々はかどるようになっていく

上司や部下の癖の意味を知ることは、仕事上で非常に有効な効果をもたらすことであり、場合によっては改善を必要とする相手の癖を指摘し、やめさせる方法へと繋がることです。

どうしてそういえるのかと言いますと以下の2点のことが言えるからです。

円滑な人間関係を築くため、人は常に本心ばかりを語ることはなく、仕事上の付き合いにおいてはそうした本音ではない言動と言うのは特に多くなる傾向にあり、言動全てをそのまま受け取っていても相手の事が理解出来る事は非常に稀な事です。

相手の本心が理解出来ないという事は、それはそれで円滑な人間関係を築くことが出来ず、それが原因と成り職場環境を居心地の悪いものにしたり、報告・連絡・相談などの徹底が出来なくなるなどして仕事に支障をきたすこともまたありえるのです。

その為、相手の本音や本心を知るためのポイントこそが上司や部下の思わず出てしまう癖。こうした上司や部下の癖の意味を知ることが出来ればそこから相手の本音や本心はもちろんの事、心理状況や心理傾向も理解することが出来て、より円滑な人間関係を気づくことで仕事がよりはかどるようになる切欠にする事ができるのです。

そうした思わず出てしまう癖の中には周りの人を不快にさせるものと言うのも存在しており、そうした癖がどうして出てしまうのかを知らずにただやめてもらうように訴えかけても本人が無意識のうちにしているからこその癖であり、相手の癖の意味の理解なしにはそうした人を不快にさせる癖の改善もする事ができません。

以上の事から上司や部下や癖の意味を知ることで仕事は益々はかどるようになっていくという事が言えるのです

そこで今回はそうした仕事をより円滑にするために効果的な上司や部下の癖とその癖をしてしまう主な意味、そして改善が必要となる癖をどうやって指摘し、やめさせる方法があるのか?の2つについて御紹介させていただきます。

あなたの上司や部下にこんな癖がある人はいませんか?

上司や部下のどんな癖が指摘してやめさせる方法を必要とするのか?

まずは上司や部下の注目しておきたい癖と、その癖からどんな心理状態が把握できるのかについて触れていきたいと思います。

例えばこんな癖がある上司や部下に心当たりはありませんか?

主な不快感を与える指摘すべき癖

これらの癖は周囲の人間に不快感を与える癖としてよくあげられるものであり、周りの人間がやっている事で周囲がとても不快感を感じる癖です。

これらの癖が不快感を感じる最大の要因はやはり音、相手の事が目に入らない状況においても、耳はどうしても周りの状況を教えてくれてしまうがために集中しようと折っていてもどうしてもそれが気になってしまうという人は多いです

ではどうしてこうした癖はどういう意味でされているのかを次はご紹介していきます。

人に不快感を与える上司や部下の癖の意味①心を落ち着かせようとしている

こうした人に不快感を与える上司や部下の癖にはまず、必死に自分の心を落ち着かせようとして出ることが言えます。

しかしこうした癖が返って人に注目されてしまいそれを感じると、更に心に動揺が走りその癖がやめられなくなってしまったり、酷くなったりもすると言う悪循環を生むこともあり、周りに不快感を与えるだけでなく、益々自分を追い込んでしまうことにもなるところがあります。

こうした癖は主に常に手で何かを触っている事が主に上げられますが、普段集団で行動している事が多いタイプの人は自分の声を聞くことで「いつもの状態、いつもの事」と自己暗示をかけるようにして思い込み安心するために、あえて自分のコントロールできる「声」や「音」を出して聞いている事もあるのです。

人に不快感を与える上司や部下の癖の意味②注目を集めようとしている

上司や部下の癖の中には無意識の中で人の注目を集めようとしている事もあります。

これは特に自分の事を主張したがる自己顕示欲が高い人だけでなく、逆にあまり目立たないことを好むような人にも見られる癖で目立ちたいと言う欲求とはあまり関係なく、音が出ることを自分が一番気にしていると言う人にこそ見られる癖です。

ここの癖の理由は自分が音を気にするあまり、「何かするときにはまず音を出す」という事を習慣化してしまっていることもあり、この癖はその人が何か行動や発言をしたいとき、あるいはこれまでとは別の行動を起こそうとする時の区切りを意味しています。

人に不快感を与える上司や部下の癖の意味③集中している

人に不快感を与える癖をしたくてする人は殆どおらず、逆に人に対して不快感を与えている事に気がつけない状態であることも意味していることもあります。

例えば集中している時、集中力が働いているときと言うのは良くも悪くも自分の中で意識的に外から入ってくる情報をシャットダウンしている状態であり、自分がしている事が周りの人にどういう影響を与えているのかを知る事が出来ない状態である事が多いです。

また集中している時は、より集中しようとする心理的な働きにより殆どの人が同じ行動を繰り返し行うと言う癖を持ち、集中しているときの癖と言うのは大体同じ事をします。

そして最も集中しやすい時と言うのが殆どの人にとっては一人の時ですから回りの事を気にしないでも良い癖を持つ人が多く、それゆえに自分が人に不快感を与えていると言うことに気が付かずその癖を繰り返し手しまうので集中する=一人の状態=いつもの癖をする。という事を意味している事もあります。

上司や部下の人に不快感を与える癖とその意味は以上のようなものが大半を占め、ここまでは上司であろうと部下であろうと共通です。しかし上司と部下で当然ですが、このどれに当たるのかを知る方法と、そうした癖を指摘してやめさせる方法は変わっていきます。

上司や部下の癖の意味を知り、上手に指摘してやめさせる方法

上司や部下の癖の意味を知るための上手な方法

まずは上司や部下の癖の意味を知る方法についてをご紹介します。

何も難しいことではないのですが相手の癖を知る方法には

この4つの方法が考えられます。

これらの方法は下に行くほど相手の癖の意味を知ることが出来る反面、相手との信頼関係が必要とされます。

①は気になる癖を持つ相手をしっかりと見ておく必要がありますが、むしろ信頼関係が何も構築されていないのであればこれが信頼関係構築の第一歩ともなる行動で、相手の癖をその前後の行動から推察する方法

②は信頼関係がなくとも洞察力や人生経験が物をいう所はある方法で、何も変わりませんが、気になる癖を持つ相手の癖が出ている時の反応から①以上に明確な答えにたどり着ける方法です。

③も①と②同様にあまり信頼関係の出来ていない相手に対しておすすめの方法で、当の本人以外とも信頼関係を構築する行動となる方法。より明確な答えにたどり着けますが、相手の癖について聞いた本人と聞かれた相手とのある程度の信頼関係は必須です。

④については信頼関係だけが頼りになってくる方法で、最も明確な答えにたどり着けますし、そのまま指摘し気になる癖をやめさせる方法にも成ります。

注意するべきはこれらのどの方法をとるにしてもまずは自分と気になる癖を持つ相手の事を両方知る第三者に一度相談してみてから決めること。自分で思っている信頼関係と相手が信頼を寄せているかどうかは意外と自分では分からないものですし、気になる癖を持っていると言うだけで相手がどういう人物なのかを決め付けてしまっている事も多いので気にしてみて下さい。

上司や部下の癖を指摘してやめさせる方法

上司であろうとも部下であろうとも相手の癖を指摘してやめさせる方法の基本は同じであり、相手の癖を指摘してやめさせる方法は相手の癖をしている意味によって大きく変わってきます。

相手の癖の意味が「心を落ち着かせようとしている」のであれば、相手に対して信頼関係があるのであればフォローを直接したり、相手の落ち着こうとしている原因を聞き、その後に相手の気になる癖を指摘して、「周囲も自分も心配しているし、相手の事を気にしている」という事を伝えるのが最も効果的な相手の癖を止めさせる方法になります。

また信頼関係がない場合はこの方法は逆効果になりますので、相手と自分の両方に信頼関係があるような相手にこれと同じ事をしてもらえるように依頼するのが最も効果的なやめさせる方法です。

注目を集めようとしている意味で癖が出る場合は最も簡単です。相手が部下であったならある程度信頼関係さえあったのならその癖が良くないものである事を指摘し、自分は最低でも相手を気にしている事を伝え、その上で相手に不快感を与えないような癖を教えてあげることこそが効果的なやめさせる方法です。

上司については直接指摘するのは難しいところがありますが、相手との信頼関係が余程しっかりしているのなら部下の時と同じ手順で言葉を選べば大丈夫。相手との信頼関係がそこまではないなら相手よりも上位の相手のより良い癖を褒めると言う方法もやめさせる方法になります。

集中しているときを意味する癖の場合は部下の場合は注目を集めようとしているときの癖と同じ対処がやめさせる方法としては効果的。

上司の場合はいくら信頼関係がある相手であっても仕事に関わることで起きる事が多い癖ですから部下の立場なら指摘したりするのはやめたほうが良く、複数人で相手よりも上の上司に相談すると言う形で間接的なアプローチこそが無難な相手の癖を指摘しやめさせる方法に成ります。

これらどれもが気になる癖を持つ相手との信頼関係が必要となるため、気になる癖を持つ相手と信頼関係を持っている人がいない場合は下手に自分でなんとかするよりも、結果的には自分が信頼できるような上司に相談を持ちかけるのが最も効果的なやめさせる方法になりますので、敢えて自分でなんとかしようとすることに拘らないように柔軟な考えを持つことも大事ですの。

以上のように上司や部下の癖の意味を知り、場合によってはそれを指摘しやめさせる方法をすると確実に職場の環境向上に繋がりますのでもし気になる癖を持つ人がいるなら参考にしてみて下さい


スポンサーリンク