One Step Magazine ワンステップマガジン

ホテルマン直伝!高級なホテルレストランをお得に食事に利用する方法




高級なホテルレストランで、どうせ高いお金を払うのなら少しでもお得に快適に利用したいと思いませんか?実は、ホテルの裏事情やホテルマンの心理が分かれば簡単なことなのです。ホテルマンしか話せない目からウロコの方法を、こっそり公開します。

イベント時の利用は損をする

ホテルレストランはクリスマスやバレンタインなど、イベント時期に利用するイメージがあるかもしれません。お得に利用しようと思うのなら、この時期は避けるようにしてください。

イベント時期はホテルレストランにとって稼ぎ時です。席の回転率を上げるために利用時間の制限を設けている場合がほとんどです。せっかく贅沢な気分を味わいに来たのに「2時間以内に食事を終えてください」と言われてしまい、ゆっくりと楽しむことができません。

加えて、ホテルレストランはイベント時期などの繁忙期は、原価率を下げた料理メニューに変更して、より多くの利益を出せるようにしています。

反対に、閑散期は原価をかけて料理のグレードを高くすることでお客様を集めようとしますので、より満足度の高い料理を楽しむことができます。できればホテルレストランの閑散期である1月、2月、8月の平日に利用するのがベストの方法でしょう。

利用する時間帯は夜の方がお得です。値段がお手頃なのでランチがお得だと思われがちですが、ディナーの方がランチに比べて原価をかけたグレードの高い料理を楽しめます。また、シェフの得意な料理はディナーコースで食べられる場合が多いのです。つまり、値段よりも質をとった方が満足感は高いのです。

また、ランチの時間帯は人件費削減のために少ないスタッフで営業していることが多いので、サービスの質が落ちる可能性があります。夜は忙しくなることも想定してある程度の数のスタッフを配置していますので、より良いサービスを受けることができます。

1ヶ月前の予約がカギ

どうせ食事を楽しむなら、良い席で楽しむ方がお得だと思いませんか?そのためには、せめて1ヶ月前には予約をするようにしましょう。

ホテルレストランは高層階にあることが多いですが、通常は景色を楽しめる窓側の良い席から予約を埋めていきます。早い段階で予約をしておくことで、優先的に良い席に座ることができます。

予約の際には、窓側の席が良いなどの希望を伝えるようにしましょう。もし何も伝えなかったら、特に希望がないということで、レストランの真ん中で他の利用客に囲まれて食事をする羽目になってしまいます。

早めの予約も、ホテルレストランをお得に利用する一つの方法なのです。

人脈を使えばかなりお得

ホテルレストランをお得に利用するには、その他大勢のお客様にならないことが大事です。スタッフ側に、あなたを特別なお客様であると認識させることで、より良いサービスを受けることができるのです。

あなたの周りに、そのホテルで働いている友人や、その家族の方、またはそのホテルをよく利用している知人はいませんか?もしいるのなら、その人からの紹介であることを告げて予約をしてください。可能であれば、その人からレストランに連絡を入れてもらっておくと確実です。必ず、何かしらのお得なサービスを受けることができます。

他には、勤務先に出入りしている営業マンを活用するという方法もあります。もしあなたの会社がそのホテルで宴会利用をしたことがあるのなら、必ずホテルの営業マンが出入りしているはずです。上司が担当の営業マンを知っているかもしれません。その営業マンを通してホテルレストランの予約をしてください。

営業マンから予約が入った場合、レストラン側はその方を特別なお客様として迎えます。下手なサービスをしてクレームに繋がっては宴会の利用をしてもらえなくなるかもしれませんので、スタッフも細心の注意を払ってサービスをします。細心の注意を払うどころか、手厚いおもてなしをするようになります。喜んでもらって、会社からの宴会受注に繋げたいからです。

他にも、割引、値引、食前酒のプレゼントや料理内容のグレードアップ、デザートのサービスやお土産をもらえるなんてことも期待できますので、もし使える人脈があるのでしたら使った方が絶対にお得です。私の経験では、営業部からの予約で食事代が無料になったお客様もいました。

スタッフと親しくなることの恩恵とは

そんなことで?と思われるかもしれませんが、実は、スタッフと仲良くなることも、お得なサービスを受けるための方法なのです。レストラン内での決定権を持っているスタッフと親しくなると、様々な恩恵を受けることができます。

通常、ホテルレストランのスタッフは役職によって制服が違います。役職のある人間は、「黒服」と言って黒いタキシードやスーツを着ていることが多いです。役職のないスタッフは、白いコートやそのレストラン共通の制服を着用していますので、一目で分かると思います。

制服で見極めがつかない場合は、オーダーを伺いに来たり、料理を供出する際に料理内容の説明をしている人が役職のあるスタッフです。役職のあるスタッフと、積極的に親しくなってみてください。かなり融通を聞いてもらえるようになります、もちろんお得なサービスを受けられる可能性も高くなります。

また、ワインが好きな方ならソムリエと仲良くなることも一つの方法です。

食前酒や食後酒をプレゼントしてもらえたり、通常のお客様には決してオススメしないお値打ちの一本を教えてもらえたり、一本数万円するワインをグラスワインで、しかも無料で飲ませてもらえる、なんてこともあるでしょう。

究極の方法!良いお客様であれ

実は、これが究極の方法となります。

ホテルマンも人間なのです。イヤなお客様よりも、良いお客様にもっと喜んでもらいたいと思うものです。良いお客様とはどんな人だと思いますか?

いつも来てくれる人?お金をたくさん使って売上に貢献してくれる人でしょうか?

それとも、食やお酒の知識が豊富で会話が弾む人でしょうか?

いいえ、実はそうではないのです。

ホテルレストランにとって良いお客様とは、心からその空間や時間を楽しみに来ているお客様のことを指します。例え初めての来店でも、ホテルマンならそれを感じ取ることができます。良いお客様になるには、何も難しいことはありません。

笑顔で楽しそうに食事をする。レストランの内装やスタッフを褒めてみる。料理の説明に興味を示す。分からないことを聞いたりしてスタッフとの会話も楽しむ。美味しい、楽しいなどの感想や感動を素直に伝える。そんなことだけで良いのです。

たったそれだけでスタッフは、このお客様はレストランでの食事を存分に楽しみに来られたのだと嬉しくなって、もっと喜んでもらおうと手厚いおもてなしをするのです。

ホテルレストランをお得に利用しようと思うなら、良いお客様になる。これは、ホテルマンの奉仕精神をくすぐる究極の方法なのです。騙されたと思って、試してみてください。万一、お得なサービスがなかったとしても、価格以上の満足感を得られることは間違いないです。

最後に番外編として、そのホテルの株主になるという方法があります。

株主になればホテルが発行する株主優待券をもらえる場合がありますので、それを使うことでかなりお得に食事を楽しむことができます。あるホテルの株主優待券は、飲食代20%オフでした。

これはホテルによって違いますので、お気に入りのホテルに株主優待があるのか、株主になるには何株保有しなければならないのか、なども確認してみると良いのではないでしょうか。

このように、クーポンやキャンペーンなどを利用しなくても、ホテルレストランをお得に利用する方法はあります。

レストラン側に、いかに自分が特別で、良いお客様であるかを印象付けることがポイントです。

どれも簡単にできることですので、ぜひ試してみて、ホテルレストランでの食事を存分に楽しんでみてください。


スポンサーリンク